過ごし⽅

四賀の過ごし方

四賀地区は江戸時代の善光寺街道、江戸街道が通っており3つの宿場
町(保福寺宿、刈谷原宿、会田宿)が置かれていました。
今でもかつての宿場町には当時の雰囲気が残っており
歴史的な趣を感じることができます。
是非訪れてみて欲しい。そんな四賀の名所をご紹介します。
img

受け継がれしもの

日本固有の文化である家紋は、今日まで息づいており、家系、血
統、家 柄、地位を表すために用いられてきました。

菱形を三段に重ねあわせた文様の小澤家の家紋。小澤家に眠っていた
蔵書などを調べてもその由来はわかりませんでした。

ただ、家紋は先祖から脈々と家の風習、文化、思想を含め受け継がれ
たものです。同家の再生を行うことは家紋を受け継ぐことであり、この
家紋に恥じぬよう、旅の新しい形、文化を創造し、後世に伝えていきた
いと考えております。

image

旅行文化の始まり

江戸時代の参勤交代により、街道や宿場が整備され、当初武士のも
のであった 旅 が庶民へと広がりをみせ、旅行文化が発展するきっか
けとなりました。

この制度の中で生まれたのが、大名の宿「本陣」です。

私たちは、本陣小澤家の再生を通して、現代人に新しい旅や生活の
提案をしていくとともに、里山旧四賀村の再生に寄与していきたい
と考えています。

image

旅の守り人

四賀には「道祖神」が約100体あり、厄災の侵入防止や子孫繁栄
などを祈願するために、村の守り神として主に道の辻に祀られていま
す。

本陣小澤家を宿泊施設として再生する私たちにとっては、まさしく
お客様の旅の守り人としての意味を持つ大切なものです。

image

棚田

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
image

四賀キャニオン

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
image

廣田寺

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
住所 松本市会田566
image

保福寺

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
住所 松本市保福寺町724番地
image

洞光寺

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
住所 松本市刈谷原町692
image

藤池の百体観音

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
住所 松本市中川7887
image

保福寺峠 の ウェストン碑

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
image

十一 横川の大イチョウ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキス
トテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ
ストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
キストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
住所 松本市中川横道下4825-1他
image